J. Lloyd Eaton

Home

Eaton Collection

Past conferences

PROGRAM

Call for papers

Student Short Story Contest

Registration

Directions

Photos and News

 

April 30:

The Science Fiction Studies symposium on "The histories of Science Fiction," with talks by De Witt Douglas Kilgore, Veronica Hollinger and Roger Luckhurst.

 

C a l l   f o r   p a p e r s 

 in French

 in Portuguese

in Japanese

in Russian

in Polish

 in Spanish

The conference language is English. Please submit your abstract and paper in English. Papers must not exceed 20 minutes. This time limit will be strictly enforced so please prepare your presentation accordingly.

             

論文募集

2009年 イートン サイエンスフィクション コファレンス

驚異の旅: ジュール・ヴェルヌを超えて

200951日より3日迄

驚異の旅は、聖書のノアの大洪水とオデュッセイア以来、世界文学界を形成した。しかし、ジュール・ヴェルヌ以外に、一人の作家たりとも、このサイエンスフィクションの小説の形式を用いて、 現代の問題を取り上げたものはいない。カリフォルニア大学 リバーサイド校 図書館 イートンサイエンスフィクションでは、北米ジュール・ヴェルヌ学会の協賛により、ジュール・ヴェルヌの偉大なる作品と ジュール・ヴェルヌが与えた現代文学への広範囲にわたる影響を調べるため、2日と半日間のコンファレンスを提案します。 1863年、ジュール・ヴェルヌは、驚異の旅として知られている最初の64の小説と短編小説コレクションを出版した。地底、宇宙、海底にいたる現代サイエンスフィクションの舞台と装置へのヴェルヌの影響は、 幅広く認められている。さらに、重大なことは、偉大なるその影響は、現代サイエンスフィクション形成に及んだことであり、驚異の旅は、科学的知識が豊かに想像された世界の探検に関連がある基礎的なモチーフになった。 このコンファレンスでは、現在までのSFの世界に伝わる物語と論理的モデルとして、驚異の旅を探求する。

コンファレンスでは、学者、コレクター、驚異の旅の熱心なファンの方々を、歓迎し、必ずしも、限定されていないが、下記の質問が提議される。 ユートピア、科学的ロマンス、空洞地球話、ロビンゾナード、その他の初期、又は、プロトタイプ サイエンスフィクションからなる複雑なジャンルに、驚異の旅が、何処に位置するのか? 又、驚異の旅が、ヨ-ロッッパ植民地主義の歴史、産業軍事主義の高まり、科学的と技術的の革命、観光旅行と旅行の談話などに、どのように関連しているか?  移動のメカニズム(風船、ロケット、蒸気船、潜水艦、列車、飛行機)の詳細への焦点が、どのような方向で、想像上の旅から驚異の旅へ変化したのであろうか? また、どのようにこの技術が、他のサイエンスフィクションの伝統に、影響を与えたのであろうか?  旅行や極限の目的地への人体の限界超えた移動テーマは、他の種の境界(語学的、人種的、性的、経済的、国家的)を越えるコミュニケーションとコンタクトに対しての寓話として、用いられるであろうか?  どのように20世紀の作家達(例えばいわゆる、スチームパンク)は、(まじめに、それとも、諷刺的に、パラダイムとして、それとも、模倣作品として)ヴェルヌやその他の19世紀SF作家達の偉大なる功績をもとにして、再び、書いているのでしょうか?  ヴェルヌやその他の19世紀SF作家達の素晴らしい来世のキャラクターは、何の意図で、20世紀と21世紀のSF作家よって、数度にわたり、改められ、より詳細に書かれて、再登場してくるのだろうか? 想像的フィクションの現代作品において、数千の地図、イラストレーション、写真、初版の飾りたてた色と飾られた装丁などのバリアンパラテキストの影響は、何であろうか?  驚異の旅は、他の文化へ、そして、コミックブックから、グラフィックノベル、そして、映画から、テーマパーク、デジタル文書に至るまでの他のメディアへ、どのように、用いられ、訳されているのであろうか、そして、どのような結論をもって?

論文の抜粋は300から500文字で、長さは20分程度、2008年12月15日迄に下記宛に提出をお願い致します。
Melissa Conway, Head, Special Collections & Archives, UCR Libraries at melissa.conway@ucr.edu